本文へ移動

◇小学生連盟

新着情報

第42回全日本バレーボール小学生大会「準優勝」
2022-08-10
注目オススメ
8月6日~9日にかけて、東京体育館をメイン会場に第42回全日本バレーボール小学生大会が行われ、全国827チームによる各県予選を勝ち上がった48チームによる熱戦が繰り広げられました。
富山県代表の新庄北JVCは、予選一日目で栃木県代表安塚、福岡県代表鞍手JVCに快勝しました。予選二日目も鹿児島県代表姶良なぎさに勝利し、決定戦では岩手県代表岩手花巻に1セットを落とすも勝利し、最終日の準々決勝に進みました。
最終日、東京都代表立会に勝利し、兵庫県代表の宝塚スカイアタッカーズとの決勝戦に挑みました。1セット目は富山のサーブが走りリードするも、宝塚の左エースのスパイクを止められず逆転されました。2セット目に入り、得意のサーブが走り勝利したものの、3セット目は得意のサーブが出なくなり、相手にチャンスを与えてしまい、ミスも重なり、検討むなしく全国優勝を逃してしまいましたが、素晴らしい成績を上げてくれました。
女子富山県代表窪少女スポーツ少年団は、善戦むなしく決勝トーナメントに進出することはできませんでした。
また、7月福井県で行われた北信越大会において、男子福光東部、女子堀川JVCが共に優勝という素晴らしい成績を収めることができました。今後、スポーツ少年団全国大会、並びに秋季県大会でますます全チームが活躍してくれることを願っています。
TOPへ戻る